オンラインゲームにハマるとき

30代主婦です。
普段はゲームをしませんが、友人が最近オンラインゲームを始めたということでゲーム内の友達を増やしたいということで勧められ、ゲームを始めました。

 
始めてみると、私のプレー時間と相手のイン時間が合わず、結局独りでプレイすることが多くなり…そもそもゲームが苦手な私は、ストーリーの進め方はおろかキャラクターの動かし方すらままならず、もぅ、ゲームをするのやめようかなぁ、と開始1週間もたたずに思いはじめ、それでも次の町までは進めようと、生まれて初めて見つけた人に話しかけてみました。
第1村人です。
その方に連れられて初めて次の町に着いたとき、こんなに人がいるんだと感動します。
ゲーム発売からしばらく日にちが経っていたため、初期村には人がおらず、オンラインゲームの楽しみの一つである、人と話す、ということを知らないでいたのです。
そこからはインすることが楽しくて仕方ありませんでした。
手あたり次第人に話しかけてはなんでもない会話をしたり、モーションで遊んでみたり、ストーリーそっちのけでゲームにログインしていました。
ゲーマーではない私にとって、ストーリーを進めていくという仕事よりもだらだらとしている方が合っていたようです。

 
そのうち、毎回見かける人やその場で息の合った人たちと友達になり、ぐだぐだ~の後に、少しやるか~とストーリーも進み、日々の何にもないゲーム内生活に程よい刺激が加わり、嫌々(渋々?)やっていたゲームに一気にハマるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です