ラインゲットリッチ

私がはまったゲームはラインのゲットリッチです。

サイコロスゴロクゲームでモノポリーに似たゲームで自分の所有地に相手が止まった場合はお金を奪います。

相手の資産がゼロになれば自分の勝ちになり、自分の資産がゼロになれば相手の勝ちになります。

それには強い能力のカードやペンダント(アイテム)を所持している方がゲームを有利に動かすことができます。

そのゲームにはまったきっかけは仕事場の同僚がやっていたからで、紹介されて始めるようになりました。

最初は負けてばかりでしたが、どんどん強くなり勝っていくと楽しくなってきました。

プレイ回数によってもらえる商品も良かったりするので、1年間ほどはまって遊んでいました。

また、友達にもたくさん紹介して強いアイテムをもらったり、自分も中国人や台湾人のゲットリッチばっかりしているライングループに入らせてもらい、みんなで協力しながら強くなっていきました。

お金も10万くらいは使いました。

アイテムを買うにはダイヤが必要になるのですが、普通にダイヤを集めても時間がかかったりして、なかなか強くならないので、課金してダイヤをたくさん購入し、どんどん強くしていきました。

多いときは休日朝10時から深夜0時までご飯の時間を除いてずっと遊んでいました。

ゲームをする前は仕事の後はテレビを見たりしてゆっくりして、次の仕事に臨んでいましたが、ゲームしてからは仕事が早く終わらないかと思いながら、仕事をするようになっていました。

寝不足になることもあって、時々次の仕事にも支障をきたすこともありました。

やればやるほど強くなり、ランキングも最高100位くらいまでいきました。

勝つことが当たり前のようになりながらずと続けていました。

しかし、2か月前から、これ以上やってもなかなか強くならないことと、周りもけっこう強くなってきて負けることも多くなり、強くなるにも限界を感じてきて、モチベーションがなくなってきました。

今はやる回数もだいぶ減り、時々携帯でゲームを触るぐらいにまでなりました。

リアルな生活に戻らなきゃ

子供の頃にはファミコンゲームとかが流行ったけれど、親がそういうおもちゃを買ってくれなかったので、ほとんどゲームなどをすることなく成長しました。

だから、大人になってもゲームにお金や時間を使ったりする趣味はありませんでした。

一昨年に人間関係で悩んで会社を辞め、交際している彼氏と同棲することにしました。

ほとほと会社の人間関係で疲れたので、暫くゆっくり休みたいという気持ちで新生活を始めました。

しかし、自分の住んでいた地域を離れたことや、仕事を辞めたことで人との繋がりが一気に減り、家事をしているだけの引きこもりがちな生活になってしまいました。

そこではまってしまったのが、オンラインゲームでした。

最初は暇を潰すためにやってみたのですが、次第にオンラインゲームでのフレンドが増え、まるでリアルでの人との付き合いのような感じに思えてきました。

彼氏が仕事に行っている間、家に一人でいるのは退屈ですし、寂しく感じることもあります。

そんな時にオンラインゲームにインすれば、誰か知り合いのプレイヤーがいたり、もしくは自分のレベル上げのためにやるべきことがたくさんあります。

そんなわけで、インしてしまうとなかなか止めることができず、最低限の家事を合間合間に片付けながら、彼が帰ってくるまでずっとプレイしている状態です。

今のところは、彼にはゲーム中毒であることがバレないように遊んでいますが、プレイしながらも本当はもっと現実の生活を改善しなきゃという罪悪感があります。

オンラインゲームにハマるとき

30代主婦です。
普段はゲームをしませんが、友人が最近オンラインゲームを始めたということでゲーム内の友達を増やしたいということで勧められ、ゲームを始めました。

 
始めてみると、私のプレー時間と相手のイン時間が合わず、結局独りでプレイすることが多くなり…そもそもゲームが苦手な私は、ストーリーの進め方はおろかキャラクターの動かし方すらままならず、もぅ、ゲームをするのやめようかなぁ、と開始1週間もたたずに思いはじめ、それでも次の町までは進めようと、生まれて初めて見つけた人に話しかけてみました。
第1村人です。
その方に連れられて初めて次の町に着いたとき、こんなに人がいるんだと感動します。
ゲーム発売からしばらく日にちが経っていたため、初期村には人がおらず、オンラインゲームの楽しみの一つである、人と話す、ということを知らないでいたのです。
そこからはインすることが楽しくて仕方ありませんでした。
手あたり次第人に話しかけてはなんでもない会話をしたり、モーションで遊んでみたり、ストーリーそっちのけでゲームにログインしていました。
ゲーマーではない私にとって、ストーリーを進めていくという仕事よりもだらだらとしている方が合っていたようです。

 
そのうち、毎回見かける人やその場で息の合った人たちと友達になり、ぐだぐだ~の後に、少しやるか~とストーリーも進み、日々の何にもないゲーム内生活に程よい刺激が加わり、嫌々(渋々?)やっていたゲームに一気にハマるのでした。

妖怪ウォッチぷにぷににはまりました

きっかけは4歳の娘が勝手に私のスマホをいじっていてダウンロードし、隙間時間にちょっとやってみようかな、と言う感じでした。

子供と一緒に妖怪ウォッチはみていて好きだったので、まぁいいか、としばらくゲームはやらずにいました。

妖怪ウォッチぷにぷには出会った妖怪とぷにぷにして戦いながら勝つと次の妖怪に進むというゲームで妖怪ウォッチを知っている人がやると知っているキャラが出て来て勝つと友達になれるのでとても楽しく間違いなくはまります。

妖怪ウォッチぷにぷにはできるだけ多くの同じキャラを揃えて消すと戦っている妖怪に攻撃、素早くたくさん消して技を使ったりすると結構勝てます。

また、マップに隠れステージがあってそれも楽しいです。

コマさんとコマじろうが意外にもとても強くて全然勝てませんでしたが・・・ぷにぷにのキャラも選ぶことができ、そのキャラも戦った後にどんどんレベルアップして攻撃力もあがります。

ゲームにハマりすぎて朝方迄やってしまったりすることが続き、昼間、小さい子供を連れて動くのがとっても辛くなってしまいました。

またイライラすることが多くなった気がしました。

ある時、寝坊寸前に起きてしまい、そこから“こんな事してたらダメだ‼”と思い、それからはやらなければいけないことを片付けて、さらに余裕がある時にだけやるようにしています。

お金をかけると切りがないなぁと思い、そこまでするなら一旦ゲームやめよう、と思いとどまる事が出来ました。

主婦なので。

LINE POP2にはまってしまいました

きっかけは、里帰りで久々に会った姉から教えてもらいました。

はじめは現在1歳と4歳の子育て中で、両親とも同居していない&主人の帰りが遅いので普段から寝不足な事が多くゆっくりする時間がない状況でしたので『ゲームする時間があったら寝たりゆっくりしたいよ・・・』と思っていました。

はまってしまうとちょっと隙間時間ができると子供そっちのけ(子供を充分に遊ばせて一息ついた時など)でゲームしたり子供を寝かしつけた後朝方までやって翌日寝不足、酷いときは寝坊寸前なんて事もありました。

LINEPOP2はいわゆる昔で言う“ぷよぷよ”です。

パズル感覚で同じキャラクターが3個以上揃うと消えて点数が加算され、4個5個揃うとブースターアイテムとなって同じラインのキャラクターが消えたりそのレベルの全ての同じキャラクターが消えたりします。

ブースターアイテム同士を入れ替えると更に広範囲でキャラクターが消えます。

また、ゲームで必要なアイテムをLINE友達同士で送りあえたりランキングで競えたりします。

だから友達と一緒にゲームしている感覚で楽しいです。

皆隙間時間を見つけて遊んでいるのではまっているようです。

課金についてですがそこまでしてゲームするのはもったいないなと思いましたので全て無料で遊んでいます。

そこが良いところですね。

さすがに子育てや家事に支障が出て主人に申し訳ないな、と思い用事を済ませて余裕がある時にやるようにしています。

スマホアプリのツムツムがかわいすぎる

ディズニーツムツムがかわいいすぎてはまっています。
マイツムを増やしたくて暇があればプレイしてしまいます。
しかし、ハートが5つあって1個のハートが復活するのに15分かかります。
5回終わったら一休みな状態ですが、沢山やりたいので友達にもハートを送りまくります。
点数も友達と競争なのですごい燃えてきます。
課金はしていませんので地道にプレイしてコインをためまくります。
彼氏といるときもたまにつんでしまいます。
電話中もつみながらの電話。
会話が適当になってしまうことも多々あります。
定期的にゲームの中でイベントもあるのでまた達成のために頑張ってしまいます。
朝起きて、休憩中、電車の中、寝る前など一日中スマホゲームです。
最近目も悪くなってきたような気がして、スマホメガネを買おうか迷っています。
そして最近、ゲームセンターでもツムツムのゲームを発見。
ついつい遊んでしまいました。
キャラクターたちが積まれている状態が本当にかわいいです。
大きい画面だとさらに可愛さアップでした。
その上、最近ではディズニーツムツムのお菓子やぬいぐるみ、本までも出ています。
コンビニにまで、チョコやマシュマロなどなるし、ついつい買ってしまいます。
ゲームだけではなく、グッズにまでもはまってしまいました。
最近では、本で編みぐるみが作れるキットまでも販売されており、もちろん購入してしまいました。
ゲームの課金はしてないものの、ツムツムグッズでは相当お金を使っています。

パズドラ日記

37歳、既婚、男です。
3年ほど前にパズドラを始めました。
自分が始めた頃にはすでに人気ゲームになっていて話題なっているのと同時に、同じ会社の同僚に勧められてなんとなく始めてみました。
最初はそんなに面白いと思わなかったのですが、それでもなんとなく続けていくうちにどんどんはまっていき、いつの間にか常にパズドラを気にしているような生活になっていきました。
日中仕事しながらも1日3~4時間はやってました。
やってる人は解ると思いますが、ゲームを行うにはスタミナを消費しますので、スタミナ回復を逆算しながらやってました。
またモンスターを育成する為のアイテムを入手するダンジョンが不定期で開催されていたので、仕事の休憩をその時間に合せたりしてました。
レアモンスターはガチャで手に入るので、ガチャに必要なアイテムを稼ぐのに必死でステージをクリアしたり、課金もしました。
レアモンスターが手に入ればもちろん嬉しいし、そのモンスターが成長してレベルがどんどん上がっていくのが快感でした。
攻略情報やパーティ編成の仕方、各種イベント情報などもネットでかなり調べました。
良くも悪くも今の時代は情報が溢れてるので、色々な情報に振り回されていたように思います。
あれから3年ほど経過しましたが、1年位前からはほとんどやらなくなりました。
1日に1~2回程少しだけやったり、特典をもらう為にログインだけするような日々になってます。
結構必死でやってた期間があるだけにスパッと辞めるがもったいない気がしてなんとなく続けてるだけです。
何故そうなったかは単純に飽きただけです。
特にこれといった理由はありません。
今でもたまにパズドラ情報をみると自分の全盛期のころとは大分変わってしまい、もう全然ついていけなくなってます。

パズドラやりすぎて視力が悪化しそう

私は元々ゲームが大好きだったので、スマホを買った時に有名な「パズル&ドラゴン」を始めました。

中毒性の高い面白いパズルに素敵な沢山のキャラクター、収集要素も多くてすぐにハマってしまいました。

しかしスマホは目がとても疲れやすく、長時間遊ぶとすぐに目がかすんだり充血します。

それでも早く強いキャラクターが欲しくてレベル上げをしたり、キャラクターが貰えるクジを引きたくてクジを引くアイテム欲しさにパズドラをやりました。

最初のころはあまりスマホばっかり見てると目に悪いからと思い、プレイ時間にブレーキをかけていましたが友人たちに私がクジで引き当てたキャラクターを羨ましいと言われたり、レベルの高さをほめられたりするとついまたプレイに熱中してしまします。

パズドラは課金することによりクジを引いたり有利に攻略をしたり出来ますが、プレイして攻略するだけでも課金で買えるアイテムを貰う事が出来るのです。

私は

課金せずにプレイを頑張ってクジを引き、良いキャラクターを入手するのが気持ちよくて毎日長時間プレイしました。

自分が引き当てたキャラクターに友人がそのキャラクター欲しさにいくらつぎ込んだという話を聞くと私はタダで引き当てたんだ。

友人が課金した金額分得をしたんだ!と嬉しくなり、さらに熱中しました。

パズドラ初めてから一年くらい経ちますが

最近は視界に黒い小さな影みたいなものが増えて来ました。

調べたら飛蚊症という目の劣化のようです。

やはりこれはスマホの見すぎのせいでしょうね。

程ほどにしないと悪化すると思いますが、パズドラは色々なイベントがこまめに来るので飽きさせなくてやめる事がなかなか難しいです。